高配当銘柄で掴む!配当金生活!

配当金のイロハ。配当金生活の掴み方や配当利回りの高い高配当銘柄をランキング形式で紹介

*

高配当銘柄でみる配当性向と配当利回り

株で得られる配当金の多いか少ないかという割合は配当利回りで求める事が出来ます。

配当利回り(%)=「1株当たりの年間配当金額」÷「1株購入価額」×100

配当利回りに関してはコチラのページでもご説明をさせて頂いていますのでよければご覧下さい。そして企業がだした利益をどれだけ株主に還元するかという割合を示した値を配当性向と呼びます。

配当性向

配当性向とは、企業が従業員や国や金融機関、光熱費等々、諸々の諸経費を払い終わった後の残余、つまり当期純利益にたいする配当金の割合を示す数字を配当性向と呼びます。

配当性向を示す計算式は以下となります。

配当性向(%)=「1株当たりの配当額」÷「1株当たりの当期純利益」×100

通常、配当性向は20~30%程度であることが多いです。

※注意点※
配当性向は高ければ高いほど優良企業とは限りません。
一見すれば配当性向が高ければ高いほど、純利益を株主に還元してくれているのだから優良企業!と思いがちですが、企業からみれば配当金とは外部にお金が流出している事になります。
企業が成長していくには投資をする必要があります。その為、配当金の分を内部保留として次年度のさらなる事業拡大のための投資に使うことがその企業をさらに成長させる起爆剤となるのです。

企業が成長して株価があがればキャピタルゲインとして自分のもとに還ってくる。という考え方もあるでしょう。
ちなみに成熟企業では新たな投資を必要としないため配当性向は高めの傾向があります。逆にベンチャー企業などは事業拡大の投資で使う為、配当性向が低い傾向にあります。

高配当銘柄でみる配当性向と配当利回り

では、実際に高配当銘柄の配当性向と配当利回りを見てみましょう。

銘柄名 株価 1株配当 配当利回り 配当性向
アサツー ディ・ケイ【9747】 3,450  248.00 7.19%  685.80%
夢真ホールディングス【2362】 592 35.00 5.91%  124.82%
インヴァスト証券【8709】 1,500 80.00 5.33%  56.79%
大塚家具【8186】 1,596 80.00 5.01% 156.67%
 ゲンダイエージェンシー【2411】 622 30.00 4.82%  57.84%
日創プロニティ【3440】 624 30.00 4.81% 18.08%
アーバネットコーポレーション【3242】 294 14.00 4.76% 30.64%
 ウエストホールディングス【1407】 740 35.00 4.73% 20.83%
クリップコーポレーション【4705】 1,078 50.00 4.64% 76.10%
藤商事【6257】 1,123 50.00 4.45% 25.34%

 

当然と言えば当然なのですが、配当利回りの高い高配当銘柄は配当性向も高い傾向にあります。
企業がすでに成熟している、利益の使い道がない、投資にお金をかけずとも事業を継続できる。それらが要因して配当性向が高くなっています。

ただし配当性向が60%を大きく超えてくると今後の配当の維持という面で懸念材料となってきます。配当性向はその配当が続けられるのかという判断材料にもなりますのでしっかりチェックしましょう。

配当利回りと配当性向から考えるおすすめの高配当銘柄

配当性向が高いほど魅力的にも見えますが、高いには上記に記したように高いなりの理由があります。また逆に、配当性向が低くても低いなりの理由があります。なので一概に配当性向が高ければ良い!という訳ではありません。

私個人がおすすめする配当利回りと配当性向から考える高配当銘柄は、まず配当利回りが3%以上の株。高配当銘柄を記すページですので配当利回りが3%以上の株をベースとして考えます。
そして配当性向ですが、私は高すぎる企業は警戒をします。その理由は企業の純利益が減ると減配になる可能性が高いためです。減配は株価を大きく下げる要因になりますので注意が必要です。

配当性向は20~40%程度の企業であれば、減益など不測の事態があっても配当を維持できる可能性があり、配当性向も高める余地があります。また増益となれば増配となる可能性も秘めています。
配当性向が低い企業ほど利益を蓄えている企業が多いため、株主資本比率も高くなります。財務も安定し減配のリスクも小さくなります。

高配当銘柄への投資は、配当利回りだけでなく配当性向にも目を向けて投資を行う事がリスクを減らす事につながりますのでチェックしておきましょう!

 ページトップへ